-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-03-27 17:41 | カテゴリ:JUGEM時代のブログ☆
tuta

ん~ やっと実になってきました!

写真の黄緑色のやつがそうだと思います

1年目なので10個くらい採れたらいいかな~と思ってましたが

なんのなんの数倍採れそうな勢いです

あんず2

何も肥料をあげてないのに立派なもんです

※たまに"なちゅ"が根元におしっこしてますが・・・



たのしみです
スポンサーサイト
2007-03-27 14:20 | カテゴリ:JUGEM時代のブログ☆
tuta

2003年10月頃石垣島で生れました

でも野良なので生れた日もお父さんやお母さんも分かりません

多分、生れて3ヶ月くらいで保健所に連れて行かれました



「引越すので・・」とか「子供が生れるので・・」とか「忙しくて散歩が出来ない」とか「ナツカナイから」とかとか・・・・・

まったくもって勝手で困った理由で捨てられてしまった犬が保健所で亡くなっている状況があります

その数は年間90万匹にもなるらしく、その内8割が上記の様に勝手な飼い主が保健所へ持ち込んでいるそうです

トリをはじめ、動物大好きの奥様がこの実態を知らない訳がなく、わたしは自然と知る事となりました

もっとも"そーなんだ~"程度でしたが



こういう事もあって、わたしは犬を飼うのは初めてでしたが『犬は買う物』という感覚はありませんでした

保健所へどんどん持ち込まれる犬猫を殺させまいとボランティアで保護されている方や団体が全国にはたくさんのあります

少しでもお役に立てれば・・・との思いで"なちゅ"はわが家にやって来る事になりました

ホントはすんごく可愛かったからなんですが・・・

なちゅ

もう少しでわが家に来てから丸3年が経ちます

今ではわが家になくてはならない存在になってます

この子が3年前に殺されていたかも、と思うとゾッとします

保護して頂いた石垣島のわんわんクラブさんに感謝感謝です



なちゅアップ当の本犬はそんな暗い過去は

忘れてしまったのでしょうが・・・

今日も帰った時の"お帰りの挨拶"をしてくれるのを

楽しみにしてます

これからもひとつよろしくね

いつまでもこんなステキな笑顔を見せてくれぃ




わんわんクラブ

★お世話になったわんわんクラブはこちらです




2007-03-24 16:57 | カテゴリ:JUGEM時代のブログ☆
tuta

先日、近所の唐泊漁港の"恵比寿牡蠣"なる物を食して参りました

[http://www.karatomari.jp/ebisukaki.html]



牡蠣

とはいえ、昨今のノロウイルス騒ぎで少し敬遠していた所もありましたので

特に"さー食うぞ!"と意気込んで訪ねた訳ではなく、愛犬の散歩の帰りにふと目に入った

ので"ちょっと覗いてく?"といった感じでした

11時くらいでしたので、さほど空腹でもなかったのですが小屋の中は炭焼きの牡蠣の芳ばしい香り



一発でやられました

しかも【ショベル山盛り1杯1000円】の文字が!

ショベルって大きい方ですよ(スコップではなくて)

5~6㌔になるとの事です



早速ショベル山盛りにすくって食べる事に・・・

牡蠣の平べったい面(岩にくっついていた面)を下にして2分、ひっくり返して牡蠣汁が出てくるのを待つ事少々

よくテレビなんかで見るように"パカッ"と開くのもありますが、ほんのちょーーっと

しか開かないのもあり、こいつらに備えこじ開ける為のナイフ(別売100円)

を買ってました

それを隙間にねじ込んでパカッと開けるんです

あーそりゃぁ本当に食べました

タウリン20000くらい食べました

気が付いたら12時半でした

今度は連れのファミリーを誘って来ようと思いました



ちなみに牡蠣とは・・・

グリコーゲン/コラーゲン/タウリン/亜鉛等、海のミルクと言われる代物です

牡蠣の効能は膵臓や胃の働きをよくし、 寝汗を止め、 のどの渇きを取り、 二日酔いを防ぎ 、婦人病や精力の回復、 肌のきめを細やかに美しくするなど現代病と言われている症状に効き目があるとの事

●豆知識はこちらを引用させて頂きました●[http://www2.plala.or.jp/asamaru/kakinomame.html]
2007-03-24 15:03 | カテゴリ:JUGEM時代のブログ☆
tuta

我が家では春になると行う恒例行事がいくつかあります

そのひとつに"梅酒造り"があります

主催者は義母なのですが、義母は免許を持たない為材料買出しの際に

ドライバー兼作業員としてお呼び頂いた事がキッカケでした

これがやってみると楽しい!飲んでも美味しい!オマケに義母に喜ばれる!と

良いこと尽くめなのです

常々市販の梅酒は甘いなぁ~と思っておりましたが、自作であれば甘さ調節も可能ですし



梅酒造りの少し後にあんず酒造りが始まります

作った事のある方は感じてらっしゃるでしょうが【あんずの実は高い!】のです

少なくとも私には高いのです・・・

ここまで来ると感ずかれた方もいらっしゃるでしょうが・・・植えちゃいました



あんず昨年の5月に近所の植木屋さんで"あんずを所望します!"と門を叩きました

対応して頂いた女将さんに向かって開口一番"実の方は生りますか?"と尋ねた所

"1年目から採れますよ"との事

"花も綺麗ですし追肥等の手入れもいりませんよ~"との追い討ち

即決で高さ約2㍍/径3㌢程の物を購入しました

植えたものの桜や梅と同様この手の木は[生きてますか~]と思う程に静かに春を待ってました

2月初旬にツボミが付いた時、やっと[生きてた!]と実感しました

で、写真の様に綺麗に花が咲きました

後は収穫を待つだけですが、成果の程は如何に!

続きは次回の講釈で
2007-03-24 13:21 | カテゴリ:JUGEM時代のブログ☆
tuta

我が家の奥様は無類の[トリ]好き

鳩、スズメ、鷲、梟、カラス、鸚鵡、ペリカン、カモメ、サギ、ペンギン(鳥?)

小物やペンダントなどにチョコッとでも[トリ]がいようものなら遠くからでも的確に見つけ出します

もーそれは尊敬に値する程です(チナミに食べる方も好き)

なんでも、胸元のファファが特に良いそうで・・・

カモ

若かりし頃学校の帰り道、道端に怪我したカラスが倒れているのを拾い、介抱した事もあるらしいし

ていうか、カラスが倒れている??現場に普通立ち会いますか?

不思議な巡り合わせでしょうか

奥様と知り合うまでは私も気付かなかったのですが、公園なんかにいる鳩の1~2割くらいは何かしら怪我してます

仲間内の喧嘩でしょうか、毛がむしれたのやら足の指が無い、目が見えて無さそうな子等々

この間は足に釣り糸が絡まってしまい、極端に小さな歩幅で歩いている鳩がいました

そんなのを見つけてしまうともう大変

近くのコンビニでパンを仕入れてきまして、まずは餌付け

怪我をしている子は他の子よりもすごく臆病で慣れさすまでが大変

この壁を越えたら大胆かつ繊細に確保!

鳩を追っかけて遊んだ事はあっても捕まえた事は無く(普通そうですよね)初体験でした

で、糸を切ろうとした所。。。。足が壊死する程に喰い込んでる・・・・

緊急手術となりましたが、奥様は手馴れた手付きでササッと糸を切断

と、簡単に言いましたが、鳩のあの細い足にエグく食い込んだ糸が経年の汚れ(主に自身のフン)でカッピカピにコーティングされている状態を何のためらいも無くスタープラチナ並みの速さで施術してました

結果、釣り糸から解放され元気に飛んで行きました

ヘナチョコですが釣りを愛する1人として最低でも来た時より漁場を綺麗にしなければと心に誓うと共に、奥様の知らない部分を垣間見る事ができたとても有意義な一日でした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。